今日は子どもの生徒さんのご紹介。。

四年生のHちゃん。

先日学校の代表として席書大会に行ってきました。席書大会では課題を言い渡されるだけで、手本がありません。手本なしで美しい字形、筆遣いで書くのは簡単なことではありません。

席書大会前に、手本なしで課題を書く稽古をしたのですが、大会後も「今日も手本なしで書いてみる!」と自ら提案。

何とほんの少しの添削で、こんなにも立派に書けるようになりました!!パチパチ

右払いが、だんだん筆圧が強くなり

力強さや躍動感が加わりました。「会」の「ひとやね」のバランスもよくなりました。

Hちゃんは、疑問に思ったことは自分が納得するまでしっかりと聞いてきたり、大人のペン習字の様子を見て自分もチャレンジしたり、「この字が苦手だから宿題に出してほしい」など、とても能動的なんです。

私自身とても刺激を受けています^^

普段のお稽古の流れと違っていても、子どもがやってみたいと思ったことはどんどん試していきたいと思っています。

それぞれの子みんなが、それぞれの魅力を持っています。また今後も時々生徒さん紹介をしていけたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA