月別アーカイブ: 2016年8月

睦麗飴!!

生徒さんのお母さんから、頂きました!!!!べっ甲飴細工師 龍昇さんという方に、即興で作っていただいたそうです!すごいー!!!!!!!

いつもありがとうございます!

第三回 おりぞめ会の様子

昨日は、毎年(?)恒例(昨年から始めました)のおりぞめ会を行いました。
今年は、書道教室の小学生以下のお子さんにご案内しまして、保護者も合わせて20名以上の方々にご参加頂きました。
なんと今回はスペシャルゲストにお越し頂けることに!!!「染伝人」こと山本俊樹さんご夫婦です!山本さんご夫婦は元教員で、現場でも御退職後もおりぞめを追究されています。おりぞめの第一人者の山本さんご夫婦に、はるばる奈良からお越し頂いたのです!!

紙袋とうちわのみの予定でしたが、山本さんのはからいで「たまモノ」くん作りをしました。

色々な染め方があることをやって見せてくださっています。皆の「わくわく感」が高まります。

山本さんのレクチャーを、大人も子どもも興味津々な眼差しで見ています。

たまモノに変身!

どれもすてきな模様!

保護者の方からご感想を頂きました。

●おり染めは小さな子供さんから大人の方まで楽しめて、その魅力が伝わりました。おり染めの後も無限大に色々な物に変化出来るのも魅力の一つですね!

●おりぞめ感動しました(*^◯^*)夢幻(無限)の世界ですね。
「子どもから大人まで」→本当にその通りなのです!物を掴める子なら2歳児でも、おりぞめ大好きになります^ ^

「無限大に色々な物に変化する」→まさにその通りです!色々な物に変化させていきたいです。

「夢幻の世界」→この漢字すてきですね。「頑張る」を「顔晴る」など、あえて漢字を変えて表現するのが好きなのですが、この表記は初めてみました。「夢幻」って、わくわくしますね!

おりぞめ会の他、住職による話を聞いたり、流しそうめんを食べたりしました。
流す前に子どもたちが竹に沿って並ぶ姿が何ともいえない可愛い画です。

みてください、じゅんくんのこの笑顔^_−☆

おやおや、とっても良い写真を保護者の方から頂きました。

私自身初めての流しそうめんでしたが、主人や母による全面的な協力のおかげでこの会を開催することができました。

そして参加者の方々、ゲストの山本さんご夫婦!スペシャルな皆さんのおかげでおりぞめ会がとても盛り上がりました。


本当にありがとうございました!